洗車の仕上げに活用する

車の塗装には同時にコーティング剤による保護も含まれており、ボディーを雨や汚れから保護しているのですが、それらの保護は比較的すぐに剥がれ落ちてしまうため、すぐに汚れが付着してしまいます。そのため常に綺麗な状態を保つためには洗車を行わなければならず、その際水分も綺麗にふき取っておかないと水が蒸発した後に水シミが出来てしまいます。洗車の仕上げの中でも水のふき取りは特に重要とされており、そこだけでその後の車の美しさが大きく変わってくるらしいので、これから洗車を行う際はきちんとセーム革を使って仕上げを行いましょう。

 
自動車の汚れは専用の洗剤やスポンジなどの洗車グッズを使って綺麗にすることが出来ますが、そうした洗浄に使用するグッズだと水分の吸水性が不足しがちです。洗車時に使用した水がそのままボディーの上に残っていると水が蒸発した後に中に含まれる成分が結晶化してボディーに付きっぱなしになってしまうので、そういった事態に陥らないためにも洗車後はしっかりセーム革を使って水分を吸収する必要があります。セーム革の吸収性は非常に強く、1,2回拭き取るだけでほとんどの水分を吸収することが出来るので、洗車後に水シミが発生する可能性を相当抑えることが出来るでしょう。