お手入れでマイカーを綺麗に

車の汚れは色々な原因で発生しますが、中でも頑固な汚れになりやすい水シミは主に雨や洗車後に残った水によって引き起こされます。雨による水シミは特に厄介で、雨の中に含まれた酸性成分が自動車の塗装を傷つけて汚れをより目立ちやすいものにしてしまうため、常に綺麗な状態を維持するためには雨が降った後は綺麗な水で雨を洗い流して専用の洗車グッズで水分を綺麗に拭き取る必要があります。セーム革はそうした水しみを防ぐための水分九州に活用されていますが、使えば使うほどその効果は弱まってくるので、連続使用には注意してください。

 
セーム革は使えば使うほどその効果を失っていきますが、その原因の一つに油脂が係わってくることが多いといわれています。セーム革が吸収する雨などの水分の中にはワックスなどに含まれる油脂が含まれることが多いため、使い続けるほどに油脂が邪魔をして水分を吸収することが出来なくなってしまうため、少しでも吸水効果を挙げるためにも洗剤を使って選択するようにするとセーム革の吸水効果をある程度は維持することが出来るでしょう。とはいっても使い続けると本来の効果は失われてしまうので、いよいよもって寿命だと感じたときは廃棄して新しいセーム革に交換するようにしてください。