傷をつけない水の拭き取り

洗車は最後の拭き取りが非常に重要です。もし水分が残ってしまうと自動車のボディーの上で蒸発した水の中の成分が結晶として残り、洗車しても落ちない水シミとなってしまうので、将来的な自動車の美しさをキープするためにも洗車後の水分の拭き取りは特別慎重に行わなければなりません。洗車グッズの一つであるセーム革は鹿の皮を使用したもので、非常に高い吸水性を発揮してくれる上、拭き取り作業中に傷が付く可能性を最小限に抑えることが出来るので、これから傷をつけずに拭き取り作業を行いたいという方は是非拭き取り専用のセーム革を何枚か用意しておきましょう。
セーム革はマイクロファイバータイプのクロスなどと比べると汚れを取り除く効果に関しては劣っているといわれており、仮に汚れがたくさん付いている状態でセーム革を使うと傷をつけずに拭くことが出来るどころか逆に傷だらけになってしまいます。それに対して仕上げの拭き取りに利用する際は普通のクロスよりもはるかに吸水性が高く、一気に水分を吸収することが出来ることから傷を付ける心配も無く綺麗な仕上がりが期待できます。最近は安い合成セームも多く目にすることが出来るようになっているので、状況に応じて色々なセーム革を使ってみましょう。